宮腰雅則の“目を醒ましてパタヤ”

アクセスカウンタ

zoom RSS 母と子の絆 (パタヤ&我が家、同時多発テロ!!)

<<   作成日時 : 2008/11/21 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

パタヤ」について

(5月24日 AM3:00 パタヤ)
いつもより多少酔って帰る。
ガールフレンドは脱いだとたんに、死体のように寝てしまう。
俺はシャワーのノブに寄りかかるように手を掛ける。
すると、そのまま根元からもげてしまった。唸りを上げて水が吹き出す。
指を入れたりしてみるが、どうする事も出来ない。
詰まり気味の排水溝は水量に勝てず、
シャワールームから部屋の中へと水が迫ってくる。
どうにもならず、同系列のアパートにいるセキュリティを呼びに行く。
素っ裸の彼女をタオルで覆い、セキュリティに現状を見せる。
そして、彼が室外にある止水栓入れの鍵を取りに行く間、指でふさぐ。
すべてが終わったら、夜が明けていた。
何も知らずに寝ていた彼女は、
起きた後タオルを鋏で切って器用に穴を埋めた。
俺は自分が水道工事をやっている事などまったく頭に無かった。

画像


(5月某日 日本の我が家)
ムクドリ退治に来た母親は手伝いの妹達にお茶を入れようと台所に立つ。
硬めだったシステムキッチン水道のノブに手を掛ける。
すると、そのまま根元からもげてしまった。唸りを上げて水が吹き出す。
指を入れたりしてみるが、どうする事も出来ない。
そして、外の止水栓を止めに行くが錆びていて止まらない。
仕方なく近所の大工さんに助けを求める。
あせった大工さんが市役所に電話をかけ、
市の指定業者と相談し、付近一帯を断水する事になってしまった。
母親達、断水範囲の挨拶に回る。その間、誰が指で止めていたのだろう。
母親も自分の家が建設業者だという事を忘れていた。
さて、いよいよ断水だという時に、誰かが言ったらしい。
「流しの下に栓があるよ。」
そして、ダイニングキッチンを水浸しにし、
ガス台、蛇口などすべて新品に取り替える羽目になった水は、
いとも簡単に止まった。
話を大きくしてくれた大工の佐々木さん他数人に、
パタヤ帰りの土産を買ってくるように依頼されたのは言うまでも無い。

それにしても、3千マイル離れていていようが、
母と子の絆とは・・・このように強いものなのだ。






スパーク蛇口パンツ(C金)
プレイアベニュー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「母と子の絆 (パタヤ&我が家、同時多発テロ!!)」について
「母と子の絆 (パタヤ&我が家、同時多発テロ!!)」について ...続きを見る
宮腰雅則の“目を醒ましてパタヤ”
2008/11/25 20:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
母と子の絆 (パタヤ&我が家、同時多発テロ!!) 宮腰雅則の“目を醒ましてパタヤ”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる